流体解析|CFD

       

お客様の課題に応じて、CFD解析ソフトウェアを厳選し流体解析を行います。特に多孔質素材などを含む、構造の内部と外部の流体解析を得意とします。また、構造解析とCFD解析のカップリング(連成解析)も専門としており、構造に対する流体の流れの影響を解析できます。事例として、空力による構造のたわみ、浸水による波力損傷、冷却システムによる構造への影響などがあります。ジーアールエムのCFDサービスは、設計の完全な理解とさまざまな状況下で製品がどのように機能するかを把握するのに役立てることができます。

ジーアールエムの

CFDにおける特徴

POINT1:信頼性の高い流体解析/Reliable Fluid Analysis
CFDソフトウェアを厳選し、お客様のニーズに合った正確なCFD解析を提供します。簡単な概略のものから流体の特性を細かく把握できる解析まで幅広く対応します。これまでの主な解析例として、外部・内部の空力特性、冷却システム内部の流体、鋳造プロセスのシミュレーションなどがあります。

 

POINT2:流体 ・構造連成/Fluid/Structure Interaction (FSI) 
流体の流れによって構造物がどのように変形するのか、また構造物の変形による流れへの影響といった、流体と構造の相互作用を理解することができます。(例:車両の車高変更によるグラウンドエフェクト効果など)

 

POINT3:最適化/Optimisation
強度、剛性、流体力学、振動など、これらすべての荷重条件を一度に考慮することができる複合領域最適化(MDO, Multidisciplinary Optimisation)も得意とします。事例として、様々な強度要件を満たした冷却システムの流路設計などがあります。この最適化技術で、お客様に質の高いCFD開発を提供します。

 

車両空力解析

鋳造成型解析