非線形最適化

ESL Dynaは、非線形解析を含む複雑な荷重条件が適用された設計から、最大限の性能を引き出したい上級者向けの製品です。 ESL Dynaは、Genesisの最適化機能とLS-Dynaの多彩な非線形解析機能を連携させ、衝突構造などの最適化を可能にします。

なぜESL Dyna?

従来のLS-Dynaでの最適化(DOE)では、多くの解析を実行する必要がありました。 DOEのアプローチでは、調査可能な設計変数の数に制限が生じます。 ESL Dynaは、パワフルなGenesisのオプティマイザーを使用しており、荷重条件の自動マッピング機能によりLS-Dynaによる解析回数を削減しながらも、最適なソリューションへと導きます。 また、設計変数の数が多くても、解析時間が遅くなることはありません。