EV車開発| Electrification

       

OEMが新しい排出ガス規制に取り組む中、ジーアールエムは、これまでに数々の企業の電気自動車開発に携わってきました。質量の増加や性能の低下を最小限に抑えながら、既存の車体構造を電気自動車用のドライブトレインに適合させるという開発実績のほか、ドライブトレインの部品開発など、業界では希にみるコンサルティングサービスを提供しています。

ジーアールエムの

EV車開発における特徴

POINT1:モーター開発/Motor Development
回転体の解析に長年の経験を誇っており、膨張やインバランス、騒音などの荷重条件の考慮が得意です。この経験を電気自動車モーターに応用した、超軽量・高性能なドライブトレインの開発実績などがあります。

 

POINT2:バッテリー開発/Battery Development
バッテリー開発においても、ジーアールエムが誇る解析技術を駆使することにより、衝突衝撃試験にも耐えられるバッテリーケーシングの開発が可能です。また、バッテリーアセンブリの熱性能に関しても、ピーク性能を達成するための十分な冷却が確保できているかを解析することもできます。

 

POINT3:システム統合/Systems integration
電動ドライブトレインの導入は、車両の構造設計に大きな影響を与える可能性があります。ジーアールエムは、これまで数々の主要なOEMと電気自動車のプラットフォーム設計開発に携わってきました。この豊富な経験で蓄積されたノウハウをもとに、構造設計に与える影響を最小限に抑えた、スムーズなシステム統合をアシストします。また、主要な国際規制を考慮した解析のほか、最適な材料選択の提案もします。

 

Motor Whirl解析

バッテリー衝突解析