複合材製品開発|Composite Development

       

複合材を使用した製品開発において、レースの世界だけでなく日欧自動車メーカーとの開発など、19年以上の豊富な実績とノウハウがあります。CFRPやGFRPだけでなく、バイオコンポジットなど様々な複合材製品の開発実績があります。材料試験の実施からラミネート設計、量産化評価、ラミネートの図面作成まで、一連の開発プロセスを完全にサポートします。ジーアルエムの強みの一つである、自社開発のソフトウェアと最適化技術を駆使し、限られた期間内で、お客様のご要望に応じて複合材製品開発をお手伝いします。新規プロジェクトから材料置換の検討など多様な開発をサポートします。

ジーアールエムの

複合材開発における特徴

POINT1:解析/Analysis
通常、複合材で作られた構造物の解析は予測不能の破壊が多発するため困難を極めます。
ジーアールエムは、このような問題に対応する専門知識と経験を持っており、お客さまの納期に合わせてロバストで正確な解析結果を提供します。

 

POINT2:実測・材料モデル同定/Testing・Correlation
極めて正確な解析結果を得るためには、精確な材料モデル(相関のとれた材料モデル)が不可欠です。ジーアールエムは、実測データと解析結果の同定を得意とします。実測は各ケースに応じて、ジーアールエムの本社内、もしくは、認定を受けた試験サプライヤーなど、ジーアールエムが誇る広範なネットワークを介して行います。お客様から提供された試験結果から材料モデルを同定することも可能です。

 

POINT3:最適化/Optimisation
構造最適化を使用した複合材構造物の軽量化開発において、長年の経験と実績があります。複合材料を使用する際、設計変数の数が多いため効率的なラミネートの設計が困難であり、重要だと理解しています。ジーアールエムでは、これまでに培ってきた経験と知識、さらに自社開発のソフトウェアを活用し、お客さまのご要望に応じた高性能なラミネートの定義を生成します。破壊モードのコントロールや剛性バランスの最適化など、様々な要求にお応えします。